ワタシってオキャマだったの!?

40代になったオキャマのイマ!を届けるブログ

真夜中の訪問者

 

昨日の夜、風邪をひいて寝込んでいたんだけど、

ふと、携帯の着信で目が覚めたのね。


気がつくと、

家のチャイムとかも狂ったようになっているし、
ドアもガチャガチャされてて、

無性に怖い。



やだ、取立て屋??



でも、あいにく、借金とかしたことないしー、

誰かの連帯保証人になるほど、無用心でもないしー、

 

とりあえず、鳴り続ける携帯電話を手に取り、
着信相手を確認すると、

昔付き合いかけた、A君からの電話だったの。



何かしら?って思って電話に出てみると、

今、玄関に居るとのこと。



なるほど、

昼にメールで、風邪をひいた旨を伝えてあったから、
心配になってお見舞いに来てくれたってわけね。

 

ほんとは、風邪ひいてるときって、
無防備な顔を見られたくないんだけど、



来ちゃったものは仕方ないと思い、
ドアを開けたのね。

 

すると、
思いのほか、手ぶらなA君。



え?お見舞いに手ぶらって、
あり得なくない??




ワタシ、割と素直な子だから、
思ったことをそのまま言っちゃう方なんだけど、



「手ぶらなんだ??」
って確認したら、

「今日は、友達と新宿で遊んできただけだから、手ぶらだよー。」
と、嬉しそうに話すA君。



そういうことを聞いてるんじゃなくってよ!!



「てか、お見舞いなのに(ここ強調)、手ぶらなの??」
再度、確認するワタシ。

「あ、ごめん。何か買ってこようか??」
と、買ってくる気もなさそうなトーンで答えるA君。



何も持ってきてないなら帰って!!
って言い放ちたかったけど、

ま、せっかく来てくれたんだし、


それにワタシ、再三再四申し上げますが、

やさしさライセンス1級なので、


部屋に入れてあげました。


 

ほんと、こういう抜き打ちのお見舞いって、
ちょっとウレシイけど、すごい迷惑☆



飲み物とか、フルーツの盛り合わせとか買ってきてくれてたら、
無条件で歓迎しちゃうのに。



近所の、深夜までやってるスーパーを紹介しようかと思ったわ。



 

で、

取りとめもない会話をしつつ、
しきりに携帯で時間を確認するワタシ。



この子、いつ帰るんだろう…。

ほら、さっさと帰っちゃいなよ!!



って心の中で念じてみるも、
想いは届かず。



「今何時ぃ??」
とか聞いてみるも、

普通に時間を答えるだけのA君。



こっちは時間を聞いてんじゃねぇんだよ。

言葉の真意を汲み取りやがれ!!


 

てゆうか、
普通に終電もせまってる時間だったので、

プランBを決行。





「そろそろ帰った方がいいよ。風邪が移ったら困るしぃ。」

と、それとなく、
帰るように促すワタシ。



正直、
はやく1人になって寝たかったし。

しゃべってるだけで、疲れる。しんどい。


 

そしたら、

「せっかくだから、泊まっていこうかなー。」
と、甘えた素振りのA君。


 

ハァ?オマエはバカか?

こっちは風邪でツライんだから、
早く1人になって落ち着きたいの。



ま、ずーっと実家暮らしのA君には、
そんなこと思いもしないのかもね。



手ぶらでお見舞いに来るぐらいだし。
(しつこい?笑)



 

というわけで、

「1人で寝たいの。誰か居ると気を遣うし、帰って。ね、お願い。」

ここまで言わせるの?
ってくらい、正直に宣告するワタシ。

 



そしたら、

「なんだよ!都合良く大人と子供を使い分けやがって!!」

と、意味不明な捨てゼリフを残し、
部屋を飛び出していくA君。


こっそり戻られてもアレだから、
さっそく、玄関のカギだけは、しっかりかけておいてみたり。


 

てゆうか、なぁに??あの捨てゼリフ!!



それって、ワタシが自己中ってこと??

やだ☆

意味不明だけど、
そういうことなら、当たってるワ!!


でも、
オマエの方が、もっと自己中だけどな!!

あは☆

 



とか思っていたら、

いつの間にか、熟睡。

 

今朝、目が覚めたら、
A君からのメールに、こうありました。


「ダサいことして悪かったー。
ドアのところに飲み物置いておきました。」



やっぱ戻ってきたんだ?
こわーーい!!

って思いつつも、


飲み物を差し入れ??

あんたも、やればできるじゃん!!

 

で、

ドアを開けてビックリ!!


”森の水だより”が1本。鎮座。



やっぱ、ダサいわ。

A君、あんた、圧倒的にダサいわよ!!!

広告を非表示にする