読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ワタシってオキャマだったの!?

40代になったオキャマのイマ!を届けるブログ

歌って踊れるオキャマになるのっ!

 
みなさんおはよー!!


え?まだ台湾に行ってないのかって?


そうです。

ワタシはココにいます!!

まだ日本にいます。



ということで、

更新しちゃいますよーだっ☆テヘッ



ワタシね、このあいだ
奈美恵(安室奈美恵)のDVDを見てて、

あ、そういえば、

今年も奈美恵のライブを見に行こう!

と思ったのと同時に、


ワタシも、こうなりたい!

って思うようになったのね。



奈美恵になりたい!

といっても、
ミニスカ着てメイクを真似て、ではなくて、


ほら、ワタシってばすでに十二分に美少女だし、

そういうビジュアル面はいいと思うの。



そう。

ワタシに足りないのものは、

ダンスと歌唱力




この際、

ワタシが30歳を過ぎているという現実には
ばっちり目をつぶることに。


ほら、小柳ルミ子(またの名を”rumico”)ねえさんだって、
あの齢(よわい)でメリメリ踊っていらしゃるよ?


あ、でも、誤解しないで欲しいのは、
ワタシが目指しているのは小柳ルミ子じゃなくって、

安室奈美恵だってこと☆




そんなわけで、どんなわけで?

単なる美人OLのワタシの給料では
どちらもいっぺんに習うのは厳しいので、

まずは、ダンスから習おうかなーっと。


なんとなくだけど、

趣味がダンス

とか言うと、若い子に受けがよさそうじゃない?


という、オプショナルな理由も手伝ってるんだけどサ。



で、

デスクでマウスパッドの代わりにしていた
ホットペッパークーポン情報誌を広げ、

スクール関連のページをざっと眺めてみることに。



すると、意外にも、

うちの近所にダンススクールがあるのよ。


とりあえず、まずは見学に行かなきゃ!


ってことで、お友達を誘って、

一緒に見学に行ってきました。



てか、別のオキャマ友達に、

ワタシがダンスを習おうとしていることを
メールで伝えたら、



オキャマA
「30過ぎてんだから、腰を痛めないようにネ☆」

オキャマB
「ダンスってケチャダンス?」

オキャマC
「それ、何かの罰ゲーム?」



応援メッセージありがとう。


お礼に、

あなたたちが寝静また頃を見計らって、
枕元で呪いのケチャダンスを踊って差し上げます☆


と、まぁ、それはアレとして、

ダンススクール見学。


持ち前の抜群の方向感覚で、

少し迷いつつも、
なんとか無事、そのスクールにたどり着いたワタシたち。


そのホットペッパーの説明では、
見学は随時、みたいなことが書いてあったから、

特に予約もせず行ってみたの。


入り口のドアを開けて中に入ると、

中には受付が。



でも、

受付には誰もいない。


やだ、無人くん?



受付のすぐ横にはスタジオがあって、
その中で生徒さんらしき人が何人か踊ってるから、

営業はしているんだと思う。


てか、お休みだったら入り口のドア、開いてないだろうし。



仕方なく、

しばらくそのスタジオの様子を見ていたけど、


一向に誰も現れる気配がないのね。


たぶん、たぶんだけど、

これは見学とは言わないわよね?


見学は随時って、こういうことじゃないよね?




ワタシたちも、オキャマの端くれ、

このままおめおめと、
帰るわけにはいかないから、


こうなったら、できる限り自力で、

このダンススクールを随時見学し尽くしちゃいましょ、


と提案。




ということで、

まずは、トイレから見学。


てか、単純にワタシが
トイレに行きたかっただけなんだけど。


でもさ、ほら、
賃貸マンションでもそうだけど、

トイレとかそういう水周りって割と大事よ。


住んでみたら水の出が悪かったとか、
トイレの便座がなかったとか、

とんでもないことになりかねない。


ま、これは賃貸契約でもなんでもなく、

たんなるスクールの見学なんだけどサ。


あは☆





そして、

ワタシがトイレから戻ってみると、受付にはようやく、


ってのはうそで、

相変わらず誰もいなくて、


しょうがないから、次の見学ルートへ。



次は、いよいよ、


禁断の男子ロッカー!!



ま、オキャマとはいえ、
いちおう外見も戸籍も男子だし、

何も禁断である理由はないんだけど、


ほら、なんとなく部室に忍び込む気がして、

ドキドキしちゃわない??




きゃ☆

どうしよう、イケメンダンサーたちの
生々しいものとかあったら。

きゃー!
ダメよだめだめ。

へー、男の子ってそうなんだ、ふーん、
とか言わないもん!!


それに、男子が勝手に入ってきちゃって
(あ、勝手に入ってるのはワタシなのはこの際どうでもよくて)
こう、力ずくで、か弱いワタシをポップに手篭めに

って、やっだー、
お嫁にいけないーー!!


と、0.5秒くらいそんなことを考えた挙句、

潔く男子ロッカーのドアを開けて、中へ入ると、



そこには!


そこには!!




続きはまた次回、っつーことで。

きゃは☆