読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ワタシってオキャマだったの!?

40代になったオキャマのイマ!を届けるブログ

歌って踊れるオキャマになるのっ! Part3


こんにちは、takashi嬢ですっ

早く台湾の滞在記を書きたいので、
この歌って踊れるシリーズも今回で最後です。


ということで、ささっといくわよー!!


※※※

レッスンが終わり、

さすがにあのパジャマおじさんと
パジャマパーティーをして疲れたのか、

生気を吸い取られたような顔で、
コーチがワタシたちの元へ近づいて来たのね。


ま、きっと、

お疲れ様でしたー、見学してみてどうでした?
的な挨拶だろうと思っていたら、

やっぱりそのとおりで、


正直に、

「いいものを見せてもらいました。ありがとうございました」
と返答したわ。

視線はパジャマに向けたままでネ☆


実際、パジャマはアレとして
講師の教え方も丁寧で上手そうだし、

パジャマはアレとして
ホンコン女子と一緒に踊るのも悪くないかな?

って思い始めていたの。


ほら、人数少ないし、集中して教えてもらいそうじゃない?


てゆうか、
その講師ってば割と人懐っこい性格で、

年齢を聞いてみたらワタシと同い年だったし
HIPHOP音楽の話とかして盛り上がっていたんだけど、

突然、

メール交換しましょうとか言い出すのよ。



え?ナンパですか?

ワタシ、自分がゲイだなんて一言も二言も言ってないんだけど?


それに、あなたのこと、あまりタイプじゃ…



と、不審そうな顔をしていたら、

なんでも、その講師の人は契約期間が切れるらしく、

個人的にいろいろ教えたりしてるから、
よかったらそこに参加しませんか?ってことみたい。


それで、連絡手段として、
メール交換をしましょうってことらしい。

要するに、営業活動ね。



ま、悪い話じゃないし、
メール交換ぐらいはいいかな?

と思い、快く応じることに。


てゆうか、ワタシも友達も、
ロボットダンス、じゃなくてHIPHOPダンスを見て、

かなーりやる気になっていたしネ☆



で、講師の個人レッスンとは別に、
このスクールの入会も検討しましょうと、

受付に行き、

入会の手続きのことを詳しく聞こうとしたら、


受付の女子スタッフってば、
何気ない顔で、こう言い放ったの。


そういえば、ここ、6月いっぱいで閉鎖なんですよぉ



え?え?
パードゥン・ミー?

あなた、今、そういえばの後、なんておっしゃった?


6月いっぱいで閉鎖?

ホットペッパーに広告まで載せておいて

それでいて6月で閉鎖ってどういうこと??


そのあたりを受付女子に尋ねると、

今月もまだ何日かありますからAH
と、ヒップでポップな回答。


知ってる。まだ何日かあることくらい知ってる。
でも、ここ、入会金取るじゃん?

いくらホットペッパーのクーポンでお得になるといっても
そのお得額を上回るだけの入会金がかかるじゃん?


そのあたりのことを突っ込むと、

なんでも、8月か9月にはまた再開するので、
たぶん大丈夫ですよー、とのこと。


た、たぶん?



あ、そう。

ここは自宅から近くて便利なんだけど、
今すぐにダンススクールに通いたいっていう

ワタシたちのニーズとはマッチしない感じみたい。



最後に、受付女子から、

どうでした?ダンス習ってみたくなりました?


と聞かれたワタシは、こう答えました。




たぶん


キャッハリーナ☆