読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ワタシってオキャマだったの!?

40代になったオキャマのイマ!を届けるブログ

ボーイズラブ☆コミック

 
みなさんこんにちは!!

またずいぶんと更新が空いてしまったけど、
その間、いろいろと新しい経験をしてきました。

ま、その辺は追い追いココに書くからいいとして、

今日は”B-Promotion”というモニターサービスによる
電子書籍サイト?の紹介です。

ワタオキャでこういう宣伝とかやるのはアレなんだけど、
無料(タダ)で見たかったマンガや本が読めるらしいので、
欲にまみれたワタシは飛びついてしまいましたとさ。

あは☆


てか、電子書籍サイトってみんな知ってる?

簡単にいうと、”パソコンで”マンガや本を読んじゃおう的な
ホームページのことで、立ち読みで最初の数ページを見ることも
できるので、興味があればクリックして見てみてね。

アドレスはココ。
http://www.ebookjapan.jp/


ホームページ見てもらうとわかるけど、
マンガだけじゃなく雑誌や本まで取り扱いがあるのよね。

でもこれ、amazonみたいに書籍の通販サイト??
だと思う人もいるんじゃないかしら。

もっと「立ち読み歓迎だよ☆」とかポップに書いてあると
あ、ここはパソコンでマンガが読めるサイトなんだ!ってわかるのに。ね?

それと、何気にこの手のサービスってヤフーとかでもあるんだけど
読みたいなーって作品がないのが致命的なのよね。
その点は、このebook japanも同じ。

売れ筋のジャンプ系のマンガは取り扱いがないし、
楳図かずお先生の昔の作品とかそういう、店頭でもあまり置いてない
廃盤に近い作品があるわけでもないし、

ラインアップがものすごく微妙だわ。

ま、今回は無料で読めるってことで、みなさんが大好きそうな?
ボーイズラブのマンガを購入してみました!

てか、店頭でこういうの買うのはさすがに恥ずかしいので、
この手のジャンルはオンライン向きかもネ☆


ということで、

たんなる宣伝日記だとみなさんに怒られそうなので、

ここから先は、ボーイズラブコミックを読んだ感想でも
ワタシなりに書いてみたいと思いまーす。わーい

今回購入したのは、「ここが世界のまんなかだ」というコミック。

ボーイズラブ系のマンガを読むのは初めてだったので
どれがどうなのかとかまったくわからず、
なんとなく表紙の絵が好きな感じのものを選んでみたわ。

てか、読み始めてみてビックリ。

これってエロマンガ??

主役の二人の設定は高校生なんだけど、
なんか出会ってすぐにエッチなこと初めちゃってるし。

きゃー、やだー、こういうの困るー。
恥ずすぎて見れないじゃんーー!!

で、[ズーム]ボタンはどこかしら?

あは☆


ストーリーも、お手軽な感じで、

「オマエが好きだ!」→「実はオレもオマエのこと…」
みたいな、サクっとした展開。

「えー、お前ホモだったの?キビいんだよ」
とか言われて壮絶なイジメが繰り広げられるとか
そういうドラマティックな要素は皆無。

実は、A君にはまだ別れていない彼女がいて、
B君を好きだけど、ゲイとして生きるのには抵抗があるから、
別れましょう私から消えましょうあなたから的な、切ない展開も皆無。

ま、この手のジャンルが好きな人は、そういうの求めてないのよね?

さらに、これも日本ボーイズラブ協会で決まっているのか、
主役の1人が男っぽい感じだったら、もう1人は中世的な美少年で、
エロティックな営みも、男女の役割がはっきりしてる感じなの。

実際のゲイの世界は、男っぽい子は男っぽい子と、ギャル男はギャル男と、
同じような感じの子と付き合うことが多いんだけどねー。

あ、エッチなことはワタシよくわかんないけどー。きゃ☆


てか、このマンガ読んでたら、
ワタシの美人高校生時代を思い出しちゃった。

高校生の頃のワタシがどんだけカワイかったかについては
今さら説明するまでもないけど、

共学の高校だったワタシにも、
こういうボーイズラブめいたことはあったのよね。

当時は、テニス部に所属していたんだけど、
同じ部の女子になんて目もくれず、部活の男子と過ごすことが多かったの。

ワタシ、女子と遊ばないし、周りからは硬派だと言われてたけど、
実際はその真逆で、タイプの男とばかり遊んでいたのよね。

で、男って単純じゃん?
ワタシが困ってるときにいろいろ助けてあげたりすると、

「愛してるよー」とか「今度デートしよーぜ」とか
そういうこと平気で言ってくるのね。

でも、ワタシってそんな軽い女じゃないし、
かんたんに体を許すとかそういうのはアレだったけど、

もしその辺の感覚がゆるければ、
この手のマンガみたいにすごいことになっていたのかもしれない。

(いや、相手も冗談で言っていたんだろう)

そんな梅ジャムのような甘酸っぱい、そしてなんとなく安っぽい
高校の頃の記憶を思い出しちゃったわー。

きゃは☆


あ、今なら会員登録するとお友達に1冊マンガを送ることができるみたいよ。
http://www.ebookjapan.jp/shop/special/cp_friend/index.asp

よかったらどーぞ。

バーイ☆