読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ワタシってオキャマだったの!?

40代になったオキャマのイマ!を届けるブログ

くちびるから失言 Part2

 

さて、失言特集の第2弾。

 

うっかり本音を言ってしまう生き物の代名詞といえば、
そう、みんなの大好きな、ちびっこたち。

 

やつらは、相手がその発言で傷つこうがどうしようが
お構いなしに、言葉の散弾銃を浴びせかけます。

 


そんなわけで、普段はちびっこたちに
極力近づかないようにして生きているんだけど、

 

こないだ、近所のスーパーのレジで
うっかり接触してしまったのね。


もう、こうなったら先手必勝で、

買い物カゴを子どもの頭にかぶせて逃げようか

と真剣に思っていたのだが、

 

どうやらそのちびっこは、
すでにターゲットを見つけていたらしく、前方をガン見。

 

今回は、その攻撃っぷりを傍観することに。

 

てか、夕方どきのスーパーって、
夕食の買い物をする人たちで混み合っているじゃん。

 

その日も、結構レジに人が並んでいたのね。

 

並んでいるレジでは、たまに
買い物カゴが重くて床に置く人もいるんだけど、

 

学生風の女子が、床に置いた買い物カゴを足で蹴って
反町ジャパンばりのたくみなパスワークで、
レジが進むたびに、前にカゴを進めていたの。


で、それを見た子ども(推定5歳)は、

 

「あのひとお行儀わるいよね」
と、軽くジャブ攻撃を開始。

 

いちおう隣にいる母親に言ってるんだろうけど、
女子学生の真後ろに並んでるから本人に聞こえてるし。

 

でも、女子学生もカゴを蹴りまくるくらいだから
そんなのにひるむわけもなく、

 

子どもを軽く一瞥しただけで、ドリブル続行。

 

そして、

 

レジも進んでそろそろゴール(レジ台)も近い?
って頃に、ちびっこの再攻撃。

 

「なんであのひと足太いの?」

 

と、女子学生を指さして、
割と殺傷能力の高い攻撃を浴びせかける。

 

つーか、お母さん固まってるし。

 

確かに、その女子学生の足は太い。

 

さあ、女子学生よ、今こそその太い足で
クソガキのチョップスティックのような細足
へし折ってやる時だよ?

 

と思っていたら、

 

レジの前にあるガムとかを置いている棚に
カゴからチョコレートを戻す女子。


あ、そうだよね、
意外とそういうの気にしちゃうお年頃だよね。

 

個人的にはガチ太の足の方が好きだけど、女子だしね、
普通のデニムがスキニーに見えるのはちょっとアレだよね。

 

ということで、

 

ダイエットなんか気にしなくていい(と思ってる)ワタシは、
女子学生に見放されたチョコレートくんを、代わりにゲット。

 

大丈夫、食べたら動けばいいって
ミスユニバースの森さんも言ってた。

 

てゆーか、そんなことはどーでもよくって、

レジでの会計時、チョコレートの値段をみてビックリ。

小さい板チョコなのに300円もしてやがる!!

 

あのクソガキめ!メッ!!