読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ワタシってオキャマだったの!?

40代になったオキャマのイマ!を届けるブログ

男は狼なのよ、気をつけなさい♪ その3


続きだお!!


その子の見た目とは違って、
冗談抜きで、ホンキで恐ろしく汚い部屋。

 

しかも、何かが腐ったニオイが体を包み込む。

 


えっと、いちお靴は脱ぐべきなのかしら?

 

と玄関先で躊躇しているワタシをよそに、
なんだか嬉しそうに出迎える彼。

 

意を決して靴を脱ぎ、


床というか、散乱した服や雑誌類の上を歩き、

リビング兼ベッドルームめいたエリアに。

 

ベッドの上だけは妙に清潔に見えるから不思議。


とりあえず買ってきたものを渡し、
これはお酒のせいだけではなくふらふらしていると、

 

「ごめんねー、部屋汚いでしょ?」
と笑いながらワタシに謝る彼。

 

オマエ、笑いごとじゃないだろ。


ま、でも、ワタシは泊めてもらう分際。
まして友達の彼氏くんだし、何も言えないわ。


つーか、友達はこの部屋に来たことあるのかしら?

 

きっと愚問ね。

 

ココに来てたら付き合ってるはずないもの。
あの潔癖症なオキャマが。笑

 


てゆうか、だんだん呼吸が苦しくなってきたので、
酔ってることを理由に窓を全開にしてもらい、

 

とりあえず寝させていただくことに。

 

ベッドはキレイそうだからいっか。
始発が動き出したらさっさとココから逃げよう

 

と、女囚さそりのように、
夜中にこっそり抜け出す計画を立てていると、


「シャワー浴びる?」
と、友達の彼氏くんの声。

 

どうやらユニットバスの中から声をかけてくれたみたい。

 

へー、シャワーとかそんなハイカラなものが
この部屋にもあるんだ?

 

と思い、シャワールームを覗かせてもらうと、
なんだか黒カビですごく汚い。


きっとこういう柄なんだよ、


って思おうとしたけど、ワタシにはムリ。

いっそシャワーなんか浴びない方が清潔な気がする

 

なので、シャワーの件は丁重にお断り差し上げると、

 

「じゃあ歯磨く?歯ブラシならあるよ」
と、彼。

 

やっだ、意外と気がきく子ね。

 

さすがに歯は磨きたいよね。
そういえばコンビニで歯ブラシ買ってくるの忘れたし。

 

ということで、快く返事をすると。

 


「そこにあるの使って!どれでもどーぞ」
と、彼が指をさしたその先には、

 

コップに刺さった、どうみても使用済みの歯ブラシ

 

なんか微妙に先端が変色してるのもあるし、


これ、ヒトの口の中に入れても平気なの?

 

“お掃除名人”松居一代なら、
サッシの汚れ落としとかに活用しそうだわ!!

 

てか、歯磨き粉もなんかあやしいし、
まさか話題の中国製のアレじゃないでしょうね?

 


いったいこの家はどうなってるのかしら!!

 


彼の善意には申し訳ないけど、
ワタシ、のっぴきならない用事ができたことにして

 

部屋を出てタクシーで帰ってきました。

 

ホントこんなことなら、さっさと
新橋からタクシーで帰ってくればよかった。

 

(>_<)クスン


それはそうと、友達カップルの今後が心配よね。

 

ワタシが見たものが、すべて夢だったらいいんだけど。
でも、この服に付いたニオイは。。。

 

。。。