読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ワタシってオキャマだったの!?

40代になったオキャマのイマ!を届けるブログ

台湾からやって来たKくん その1

 

あれはたぶん、今年の前半。

アウターとか着たままお店で飲んでいたから、
まだ冬まっさい中って頃だと思うの。

合コンの幹事として2次会までがんばり、そのまま
友達たちと2丁目のショットバーで飲んでたときに
ナンパしてきたのが、K君だったのね。

見た目はそうね、裏原とかに居そうな感じ?25歳って言ってた。

 

最初、K君の友達がワタシに話しかけてきて、

そのあと、K君がやってきたんだけど、いきなり英語でびっくり。
カレ、見た目はカンペキ日本人なのに、台湾人なんだって。

日本語はまったく話せなくて、英語なら少し話せるらしい。
旅行で日本に来てて、日本に住む台湾出身の友達と一緒に

ゲイバーに飲みに来たんだって。

そしてとびっきり可愛いワタシを見つけ、思わず声をかけたと。

 

てか、こういうの久々だからドキドキしちゃった。

最初、”やっだ、この店先払いだっけ?金払えって催促?”

とか身構えちゃったし。あは☆

 

ワタシ、国際的美少女だけど、英語が苦手だから、
このときはK君の友達を通訳にしてあれこれ会話をし、
いちお、携帯のアドレスと番号を交換して帰ったのね。

 

それから時は流れ、11月。

 

「86・・・」と、090でも03でもない番号からの着信だったので、
恐る恐る出てみると、なんと、そのK君からの電話。

てゆうか、チョー久しぶりじゃん!!!

なんでもまた新宿に来ているらしく、一緒に飲まないか?というお誘い。
英語だったからアレだけど、たぶんね、たぶん。そういうベクトル。

 

その時ワタシ、ちょうど新宿に居たし、時間もあったのでOKし、
K君はどこにいるのかと尋ねてみると、
「キノクニヤ、キノクニヤ」って連呼してるの。

 

えー!どっちの紀伊国屋
新宿には紀伊国屋書店が2つあるのよ?

 

お互いに英語が母国語じゃないし、日本風と台湾風とで
アクセントがかなり違うらしく、なかなか相手の言っていることが聞き取れない。

とりあえず、どっちの紀伊国屋なのかを判断するために
周りに何が見えるかを聞いてみたの。すると、

 

「本がたくさんあります」と、英語でアンサーするK君。

 

そりゃそうでしょうよ。本屋だもん。
そんな答え、何の参考にもならないわ。

 

んもう、ワタシの聞き方がまずかったのかしら。
そうだ!その建物の隣に高島屋があるか聞けばいいんだわ!!

紀伊国屋は、高島屋に隣接した店舗と、三越の向いの店舗の2つがある)

 

ということで、それを聞いてみると

「店員に聞いてみる」と、K君。

やだ、そうよ、あんた賢い。
お店の人に聞けば確実だもんね!!

 

で、しばし待たされ、K君が言い放った答えは
「そんな本はないです」だって。

 

オマエはバカか。

だれが書籍検索を頼んだよ。

さっさと台湾帰れ!!!

 

もうこうなったら店員と話した方が早い。
K君に頼んで店員さんに電話をかわってもらい、
どっちの紀伊国屋か尋ねると、三越の向いの店舗だったわ。

 

K君にはビルの1階で待ち合わせしようと伝え、
外で待っていると、なぜか駅方向から小走りにやってくるK君。


面倒くさいので理由なんて聞かなかったけど、

マツキヨの袋を持ってるところを見ると、何か買ってきたのかしら。

 

とりあえず、どうにか再会することができたので、

いよいよ2丁目へ。


つづく