読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ワタシってオキャマだったの!?

40代になったオキャマのイマ!を届けるブログ

タイも2度目なら…バンコク旅行記 その5

てかさ、初日の夜の時点で”その5”ってどんだけよ。

ここからは印象に残ったできごとだけを、さくーーっと書きます。


で、DJステーションでしたっけ?

すごい楽しかったー(棒読み)。。以上

 

いや、ほんとはDJステでもいろいろあったんだけど、

今にして思えばたいしてアレなんで、割、愛☆

 

んー、2日目以降もいろいろあったなー。マル。

 

てゆーか、正直に言うとね、もうこの話、飽きた。笑

また気分の方が乗ってきたら書くかも。あは☆


でも、これで終わりにするのはあまりに優しさにかけるので、

肝心の、タイ彼ができる部分のエピソードを書くわ!!


※※※

 

最終日。

 

さいしょに説明したとおり、

ジブン以外の2人は、鋭利なツララのように冷酷な子たちだから、
とっとと日本へ先に帰りやがって、

ひとり残されたワタシは、 最後の夜、バンコクのとあるクラブへ行ったのね。

そこはいわゆる観光客向けのクラブ(ex.DJステーション)ではなく、
地元タイ人向けのクラブで、タイsongで盛り上がっちゃう系。週末は激混み。
バンコクは比較的治安が良いけど、夜道を一人で歩くのは
デンジャラスリーかと思って、パスポートは持たずに、
500バーツ(2千円弱)だけ持ってクラブへやってきたのね。

そしたら、その目的のクラブ、前日はIDチェックしてなかったのに
その日に限って入口でチェックしてやがって、お嬢チョーしょおぉぉっく!!

パスポートがないワタシは、どうやら中に入れないっぽいのね。

タイ語、意味わかんないし☆

 

でもさでもさ、パスポートを置いてあるホテルはここから遠いし、
取りに帰ったらきっと、絶対に、もうホテルを出ることはない気がしてたので
入口付近でしばらく様子をうかがうことに。

で、気がついたことが2つあって、1つは、
何度か出たり入ったりしてる子はチェックを受けないということ。
もう1つは、隣のクラブっぽいカフェは、IDチェックがないということ。

これは、戻ってきたフリして強行突破するのか、それとも
隣のクラブ(明らかに超盛り上がってない)で妥協するのかは、

自由だあーーーーー!!!!!

んで、ま、当然”となりのクラブで妥協の道”を選ぶわけで。

 

だって、捕まってムチ打ちの刑とか困るし。

泣いちゃう系だよ。ふえーん(涙)

いちおね、隣もゲイクラブだってことは知ってたんだけど、
ここまで人が入っていないのはナゼ?料金は変わらないのに。


お客さんは、ひと際かわいいワタシと、奥に5・6人の集団が1組、のみ。
なんていうんだろ、

行きたかったお店が週末のワードアップ(2丁目の有名なゲイバー)だとすると
入ったお店は、、って実名あげれるわけないじゃん。怖すぎっ!!

とりま、最後の夜だし、大好きなウォッカを飲んで
℃-uteの曲を口ずさんでいたのね。どうせバレないだろうし。

そしたら!!

そのもう1組いた集団の1人が話しかけてきて、でもタイ語だし、
イミフだったんだけど、適当に話を合わせていたら、
なぜだか腕をひっぱられてその集団の中へ。
えーなになに?カツアゲ?アイハブノーマニーだよ、と警戒していたら、
どうやらみんなで踊りましょうってことみたい◎

てかその集団には見た感じ日本人?めいたカワイコちゃんが混ざってて
ためしに英語で「日本人?」「かわいいねー」って言ってみたら
超微妙な顔しやがって、素無視キメこんでくるし。


こ、これは!!ここ微笑みの国タイにもフテ子が?あーヤダヤダ
と他の子たちと曲に合わせてブリトニーごっこをしていたら、
トイレに行きたくなったので、2階にあるトイレへ。

すると、いつの間にトイレに行ってたのか、さっきのフテ子がいて
でも、もう挨拶する義理とかないし、口きいてあげないもんねーって
そのまま通り過ぎようとしたら、いきなり個室に押し込まれそうになったのね。


ちょ、マジだ?これはいよいよ本気でカツアゲですか?
実は靴下の中にもう500バーツほど隠し持ってたりするけど、
それもアゲルから、どうか命だけは、、イノチ、命くれない?揺れるハート

なーんて思ってたら、普通に英語で話しかけてきて、
ハナシをまとめると、あの集団の中に元カレ?がいて2人で話せないから
どこか別の場所で話そうよということらしい。


そして、こっそり外へ出て、どこへいくんだろうと思っていたら
フテ子ちゃん車で来てるらしく、軽くドライブを。
てゆうか相当お酒飲んでたけど、飲酒運転とかそういうの大丈夫な国なの?
ま、いいか、ワタシも酔ってるし。

 

警察も土日休みなのかもネ☆

てかさ、お互いに英語が母国語じゃないし、あまり通じなかったりしたけど
それでも楽しくお話をし、ホテルまで送ってもらった別れ際、


「あなたは私の恋人です今日から。

来月日本に行きます。また会いましょう」

 

といった趣旨の発言が!!!

えー!!!いつの間にそういう流れに!!
てきとーにイエスとか言ってたのがアレだったのかなあ。

メールアドレスしか知らない彼氏とか、いいの?
それに、それにそれに、エッチだってしてないんだよ?(たぶん)


軽くないスか?ふわふわふるるだよ。

セクシーふわふわ↑↑


といったような経緯で、
タイ人のカレシができましたー。わーい…アレ?これって彼氏?

あとは「家族が病気で倒れました…」とかいう振込先の記載されたメールが
ワタシ宛てに届かないことを祈るばかりです。


きゃはん☆

(了)