読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ワタシってオキャマだったの!?

40代になったオキャマのイマ!を届けるブログ

カツラ☆デビュー 実践編 その2

 

私の大家は、ぬすんだ傘をゆっくりと広げながら、こちらに歩いてきた。

(第138回直木賞受賞作「私の男」より 一部改変☆)

 

というのは半分冗談で、ぬすんだかどうかはアレとして(←たぶん盗んでない)、

大家ってば、マンションの廊下にいるくせに、傘をさしてるのね。

 

え?もしかして雨漏り?

と廊下の床をみるも、ぜんぜんそんな様子はない。

大家ってば、生身の人間には見えない雨が見えているのかも?

と思って、そのまま通り過ぎようとしたのね。なんか怖いし。

 

そしたら!!

 

あなた!

と、声をかけてくる大家。

 

しまった。。

 

カツラをかぶっているせいで不審者だと思われたか??

ドキドキしながら大家の顔を見ると、

 

雨が降っているから傘を持って行った方がいいわ

と、外の方を見やる大家。

 

そうか。ワタシ、カツラにばかり気を取られていたので

外は雨が降っていることすら気づいていなかった。

 

危うく、セットしたヘアスタイルが崩れるところだったわ!!

 

ということで、玄関に戻って傘を取り、

大家からの”そういえばこんな子いたっけ?”目線を感じつつ

玄関のカギを閉めて、外へ向かおうとしたの。

 

そしたら!!Part2

 

あなた、、○○さん?

と、ワタシの同居人の名前を出す大家さん。

 

えー、確かに同居人は髪が長めだけど、ぜんぜん似てないから。

ワタシの方が美少女です!!一緒にしないで!!

 

ってことで、(適当にうなずいて去ればよかったのに)

 

いえ、○△です」と、自分の名字を名乗り、

カツラを外すワタシ。。。

 

大家ってばそれに驚いたのか、傘を閉じ、

あぁ、あなた。そうなの。。」と、視線をそらしやがる。

 

そうなのって、どうなの?

ワタシが髪の毛を気にしてカツラをかぶってると思われてる?

いや、確かに坊主だけど、ワタシ、ハゲてはないのよ。

その違い、すごうく重要なんですけどおー。

 

てか、これは変装なんですってのも頭おかしい感じだし、

どう言い訳してもアレな気がしたので、そのまま会釈して外へ。

 

てゆうかワタシ、何やってんだろ。。

 

部屋に帰りたい、、でも帰ったら負けな気もする。

戻りたい、戻れない、心うらはら☆


で、外。

外はしっとり雨が降ってる感じで。

 

普段なら傘をささない程度の雨なんだけど、

今日は髪をセットしてるし、不透明なビニール傘をさして歩くワタシ。

 

てゆうか、ちょっと待って、

 

なんかコレって、頭髪部分が傘に隠れて世間に見えないし、

カツラをかぶっていてもいなくても変わらないのでは??

 

これじゃあ、いくら近所を徘徊したところで、

デビューしたことにはならない気がする。

ワタシ、B級アイドルどころか、デビューもできずに消えていった

弱小芸能事務所のアイドル予備軍以下よ。。

 

そんなのイヤ!!

 

ワタシはアイドルになるの。

今年は新垣結衣になるって決めたの!!

 

って、もはや方向性がわからなくなってきたけど、笑

とにかくこの姿を人前にさらさないと、カツラデビューとは言えない気がする。

 

だからワタシ、向かったわ。駅へ。

そして、傘の要らない電車の中に乗り込むことに。

 

つづく。