読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ワタシってオキャマだったの!?

40代になったオキャマのイマ!を届けるブログ

takashi嬢、台湾旅行で彼氏をゲット!? その1

 

~ブスガマの掟~

 

さて、今回からワタオキャではブスガマの掟を紹介していきます。
もちろん、ブスガマ=ブスなオカマ

 

あんたブスねえ~」ていうのはゲイバーでよく聞くフレーズ。

オキャマ的にブスっていう言葉は、それほど深刻なものではないけど、

やはりモテには程遠い存在であることは、本物女子のそれと一緒。

 

さて、そんな愛すべきブスガマちゃんの特徴を
イチイチ取り上げてみたいと思いまーす☆

 


●ブスガマは、観葉植物に名前を付けている!

 

癒してくれる彼氏なんてもうずっといないブスガマは、
動物を飼う気力(財力)がないので、植物に走る傾向があります。
サボテンなんて育てだしたら、いよいよだと思ってください。

 

●ブスガマは、メールの返信が常に割と早い!

 

基本、ブスガマは暇を持て余している。
カレシなんて心を煩わせるだけだし要らないわ、と言いつつも
たまーに出会いがあれば食いつく食いつく。
仲間外れを恐れるJC(女子中学生)ばりに、3分以内返信は当たり前です。

 

●ブスガマは、ゲイバーで変なあだ名を付けられている!

 

ブス江、ガバ美クラスならまだそこまでマイナスでもないが、
飲尿ヒメ、脱肛少女、恋愛氷河期、、etc

 

まあ、多くは語るまい。

 


ということで、台湾カレシゲット日記、いきまーす☆


※※※

 

もう先月の話だけど、ワタシ、お友達と4人で台湾に旅行してきたの。

もちろん4人ともオカマね。

 

相変わらず夜の活動メインで、食べたり飲んだり、飲んだり

日本と活動内容はおんなじなんだけど、でもほら、ここは台湾。

ところ変わればオトコも変わる。

 

前にも書いたけど、台湾人てば基本的に日本人が大好きだから、

とびっきり可愛いワタシと、そこそこカワイイお友達なんかが

バーへ繰り出たらもうタイヘン、出会いがいっぱい!!なはず!!

 

ま、実際は、某クラブでシャブ中の変なオカマに捕まったり、

屋台のラーメン御馳走したんだからヤラセロっていうオカマだったり、

その積極性をもっと別方面に活かしてほしい方々ばかり、でした。

 

こういう出会い、イラナイ☆


てか、台北へは今回で2度目なんだけど、

台湾の原宿と呼ばれる西門エリアには紅樓という場所があって、

その建物の裏に、オープンカフェ風なゲイバーがあるのは知っていたの。

 

ただ、2年ぶりに訪れてみると、オドロキ!!!

前は2店舗くらいだったのが10店舗以上に膨れ上がってて、

人も2~300人くらいいるしで、圧巻。。

 

その日は土曜日だったんだけど、ま、週末の夜だしねって思っていたら

平日の夜でもかなりの大盛況でした。

台北にいる間、毎晩この場所に集まったワタシたち)

 

とりあえず、台北に行ったらココ紅樓に行っておけば大丈夫です。

観光地とかそういうのも、近くの親切そうな子に聞けばOKじゃね、的な?

 

あとは、前回PKO (クリックすると過去ページが出ます)と出会った

クラブ「FUNKY」もお勧め。

 

ワタシたちが日本人だと知ってか、モー娘。とか流してくれました。

紅樓よりは年齢層若めだし、平日は本物女子も多いから楽しいよ!!

 

って、こういう台湾プチ情報は割とどおでもいいわよね?

基本的に前回と同じようなことしかしてないし、ワタシ。

 

それよりなにより、今回の台湾旅行。

実は、旅行前から、2人の台湾人と会う約束をしていたの。

 

1人はクリント(仮名)くん、27歳。スジ筋系のあっさり顔。

もう1人はペータ(仮名)くん、31歳。野郎系のあっさり顔。

 

ワタシ、どっちの台湾人と付き合っちゃうの?


てゆうか、バンコクの彼氏は??

 

 

つづく。