読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ワタシってオキャマだったの!?

40代になったオキャマのイマ!を届けるブログ

添い寝フレンドって流行ってるのかな!?

前の記事で、性欲があまりわかなくなったって書いたけど、

ほんとにそうなんです。ワタシ。

これはゲイ、ノンケを問わず世のアラフォー男子にも多い現象だと思うけど、
なんていうの、アレ、セックスって言うんですか?
あのアクロバティックな行為自体にあまり興味がわかないというか、
下手したらめんどくさいとか言いそうなの。

でも、今回はこの辺のことは深く掘り下げるつもりはなく、
そんな性欲の薄れてきたワタシがいまハマっているのが、タイトルにもある、

そう、添い寝フレンド。

みなさん、これは別に都市伝説なんかじゃありませんよ。

添い寝っていってもどうせアレでしょ?結局ヤっちゃうんでしょ?
とか思っている心の曇りきったみなさん、

ヤりません。ヤってません。

単純に寄り添って寝るだけです。
混じりっけなし。100%ピュアネス。

添い寝がピュアな行為かどうかはアレとして、ネ。


ねえ、考えてもみてよ。
セックスはちょっとめんどいなーって思ってはいるけど、

風立ちぬ、今は秋。

人肌恋しい季節だし、夜とかシンプルに寒かったりする。
そんなときアナタ、添い寝だけしてくれる人が欲しいと思いませんか?

で、でよ、

最近できたのよ、ワタシにも。添い寝フレンドが。

略して添いフレ。

なんだか字面だけ見ると介護的なイメージもありそうでアレだけど、
ふつーに添い寝です。オトコと一緒に寝るんです。

オプションで腕まくらも付いてきます。
後ろからぎゅっとして!ってリクも可能です。

でも、間違ってもセックスに持ち込もうなんてしちゃダメだかんね。
そんなことしたらワタシたちの関係終わっちゃうんだから。。

って何キャラ?ワタシ。。

もしかして、添いフレってのがいけないのかしら。
「添フレ」ってのはどお?これだと柔軟剤みたいな響きね。
やっぱ添いフレで。

とまあ、そんなことは割とどおでもよく、

こないだ、その添いフレのMくんと、
3回目の添い寝をしたときのこと。

その日は翌日がお互いに仕事が休みだったこともあり、
朝もゆっくりで、てか、気づいたら12時前とかになっててヒいたんだけど、
Mくんの様子がおかしかったのね。

なんか、具合でも悪いのか、必死におなかをさすっている様子。
Mくんはそのときちょうどワタシに背を向けて寝ていたので、
心配になり起き上がって見てみると、Mくんてば、オ○ニーしてる!!

きゃだ!!!!!

起き上がったワタシに気づいたMくん、
そのままセックスに持ち込もうとする気配。。

あのさ、添い寝するくらいだから嫌いじゃないというか、
イケなくもないけど、正直なところ気分じゃないのよねー。
と、高飛車な女のようなことを言うようだけど、
添い寝フレンドってお互いにそうでしょ?

そういうウィンウィンの関係で成り立っているんじゃ??

でも、抵抗するのもめんどいので好きにさせていたら、
向こうもわれに返ったのか、やめてくれました。

「ごめん、どうかしてた」ってコメント付きで。

ワタシこそごめんね、美女オーラぷんぷんに出しちゃってて。
そりゃうっかりもよおしちゃったりもするよね?アハハ

添い寝フレンド。
これもなかなか微妙なバランスよね。

カレシができるまではこの関係を続けるかもだけど、
そんなことしてるから彼氏ができないってこと、ないわよね?

キャッハー☆