読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ワタシってオキャマだったの!?

40代になったオキャマのイマ!を届けるブログ

彼氏持ちの男を手に入れる方法

これは男女の間でも同じかもしれないけど、毎年、夏と年末は出会いに向けて活動的になる人が多く、特に夏のこの時期は性欲も高まるのか、ゲイ向け出会い系アプリのサーバーがダウンするくらい、とても活発みたいです。

でだ。

出会いもあれば恋も生まれ、そこには何らかの悩みも出てくるわけで。

こないだ友達から相談されたことを書くわね。

よかったらみなさんの意見もお聞かせください。


今回のテーマ:彼氏持ちの相手を手に入れる方法


そのお友だち(仮にA子ってことにしとくね)の話を要約すると、ちょうど今回のテーマになります。

今のところ”さっさと手を引く”とか”このままの関係でいい”とかはないみたい。

まず、A子の恋について、ざっと出会いから今までを説明すると、某出会い系アプリで知り合った二人は、ご飯を食べてエッチをしました。

>この辺の流れはもうさすがにオカマの伝統芸能というか、男同士なので非常にスムーズですね。
>でもワタシの場合は順番が逆の方が好みかな。食べた後だと感覚が鈍らない??ま、いいやw

そして、その日はA子たちそのまま別れ、相手の子が看護師で休みが不規則なこともあり、数週間置きに2度ほど会いました。そのときは二人とも休みなので、デートらしいデートを2度。

ちなみに相手の子は20代前半。A子は私と同年代なので一回りくらいの年の差。住んでいるところも電車で1時間半だから、そんなに近くはない。

そういったこともあり、A子は最初、その相手と付き合うことは難しいかなって思ってたみたいなの。

でもさ、2度もデートすればなんとなく相性とか分かるじゃん。ちなみにこの時点では相手の子が彼氏持ちだとは思ってなかったこともあり、1度目のデートくらいから付き合えたらいいなって思い始めてたんだって。

で、ちょうど2度目のデートのとき、二人で横浜に行ったときのツーショット画像をお互いのインスタグラムにアップしたところ、A子のところに”見知らぬ人”からのイイネ!が連続して入ってきたんだって。

>デートで横浜とか鉄板だよね。てゆうかツーショット(もしくはデートの相手ショット)をお互いにインスタにアップするなんて超既定路線だし、このまま順調に行けば付き合っちゃうかも?ってなるよね。意識するのわかるわかる。

んで、A子がその”見知らぬ人”のインスタを覗いてみると、何枚かの画像にデート相手の子が写っていたんだって。そりゃ当然気になるからその画像のコメント欄まで見ていたら、第三者からの「彼氏さんですか?」のコメントに、「そうですよー」との返事が。

この時点で、”見知らぬ人”=デート相手の彼氏、という事実を認識。

他の画像やコメントからA子が判断するには、もう何年か付き合ってる間柄っぽい、とのこと。

>なるほど。見えてきたわね。笑
もう長く付き合って恋人というよりは家族化した彼氏とは別にドキドキが欲しくなり、そのドキドキの仕入先がA子だったってわけよね。

ドキドキ工場主のA子さんいわく、もうこの年(アラフォー)にもなると自分の好みがハッキリ分かってくる。でも付き合いたいなって思うのはだいたい彼氏持ち。残り時間が少ないのもわかってるけど、なんとか手に入れたいの!

大黒摩季の「夏が来る」の歌詞にもあったよね。”私が好きなるぐらいの男には当然目ざとい誰かいて”って。

妥協しない!アセらない!淋しさに負けない!!

夏が来る!っていうかすでに来てる!!もうどうしようもないビンビン来てる!!!Just Chase the chance!!

あれ?曲変わってね?


もうさ、話の最後のほうになると、お酒も入っていたせいか涙ぐんでたわね。A子さん。

ワタシも似たような経験があるから分かるけど、手に入れたいとは言いつつも、気持ちは揺れてると思うのよね。

そこで、ちょっと意地悪な質問をしてみたの。

彼氏いるのに浮気しちゃうような子と付き合っても、自分が同じ目に遭うのイヤじゃない?って。

そしたらA子、それは考えたけど、どんな始まりでも浮気する子はするでしょ。でも付き合う相手によってはしなくなるじゃん。自分がその子にとって浮気しない相手になりたい、だって。

なんか超前向き?こんなキャラだったっけ、A子さん。

ほんとに何度でも言うけど、まあ気持ちはすごくよくわかる。

なので応援します。

ということで、ワタシ、彼氏持ち側にインタビューすることにしました。

つづきますw