ワタシってオキャマだったの!?

40代になったオキャマのイマ!を届けるブログ

はぁと泥棒


--------------------------------------

※これは、去年の11月ごろのお話。

その辺を踏まえた上で読んでちょうだいネ。
あは♪

--------------------------------------

昨日、休みだったから、
引越しのためのマンションを見に行ってきたのね。

賃貸じゃなく、中古マンションを購入しようかと思って。

でも、アレよね、大きな買い物って面倒よね。

今回、頭金を借りたりする関係上、前日、父親に再度物件の購入基準を確認したんだけど、

なんともまぁ、この間と話が違うじゃないのよ。


わたし、当初は、
賃貸でもう少し広いところに住もうと思っていたのね。

でも、父が、
「どうせ家賃払うならマンション買ったらどうだ!」というから方針転換したのに。

しかも、どうせなら広いほうがいいとか言って、
3LDK位のを買えと。


まぁ、頭金を貸してくれるらしいから、わたしもその気になっていたんだけど、
いざ現実味を帯びてくると、あれやこれやうるさいのよ。

やっぱり1000万円を越える物件になると、
将来のこととかきちんと考えて買わないとうんぬんかんぬん・・・。

要するに、
結婚後の家族構成や、将来の収入を考えてマンションを決めろと言うわけよ。

てゆうか、
わたし結婚なんてするつもりないし、
仮に偽装でもなんでもいいから結婚したとして、

わたしは子供を産めないからだなのよ!!

あなたご存知!?

ってな勢いで危うくカミングアウトしそうになったけど、

確かに、
この時点で20年ローンとか組んで、将来自由が利かなくなるのも嫌かなって思ってみたり。

ま、買って住んで飽きたら、人に貸せばいいからいいんだけどね★


でも、父との話し合いの中で、
将来のことを考えるなら、1000万円前後の安い物件を買って、10年くらいでローンを返済できちゃう方がいいのかもって思い直してみたり。

あと10年なら、わたし生きていけると思うし。

ほら、美人薄命って言うでしょ。
わたし、もうすぐ死んでしまうかもしれない。


20年とか言われると、果てしなく長い期間のような気がするけど、
10年って、意外とあっという間かも・・・。

10年後に38歳、20年後に48歳。
想像するだけでそら恐ろしいわね。


てなわけで、
当初不動産屋にお願いしていた2DK~3LDKクラスの物件は、
もはや購入する意思はなくなっていたのね。

でも、まぁ見るのはタダだし、
実際に中古マンションの現実がどんなものか見ておくのも悪くないかなって思って、
約束どおりに不動産屋と最寄駅で待ち合わせして、物件を見に行ったのね。


で、
実際に現れた不動産屋の営業の子を見てびっくり。

まぁ、なんてイモプチな感じでかわいいのかしら。

もう、見た瞬間、わたし、ときめいちゃって、
何をしに来たかすら忘れてしまったほど。


不動産屋にありがちな、元ヤンちっくな服の趣味で、
黒っぽいスーツに、濃紺のほんのりサテンめいたシャツ。

さらにネクタイでは小さな銀色の龍が昇天していたり・・・。

ぱっと見、
歌舞伎町の安ホストに見えなくもないけど、
顔がイモっぽくて、結構むっちりしててかわいいの。

なんか荒削りなところが子宮に来る感じで・・・。

さらに、さらによ!
車で2人きりになったらさぁたいへん。

なんともスパイシーで香ばしいオイニーがわたしを刺激するのよ。


車の中が少し暑くて、その子(わたる君って言うんだけど)が窓を開けようとしたとたん、

思わず、
「開けないで下さい!」
って叫んじゃったほど・・・。

それくらい堪能していたのね。


てゆうか、アレよ、
一応ちゃんとマンションは見てきたのよ。

事前に図面とかで概要を把握している物件ばかりだったんだけど、
結構見てみると違うものなのね。

てゆうかだまされてたわ、わたし・・・。


だって、まず最初に見たマンションなんて、
5階建ての最上階で眺めもいいし、間取りもいい割にお安い!!
なんて思ってたら、あなた、

エレベーターがないのよ・・・。

わたし、階段でなんて、3階までしかのぼれやしないわ。

新宿高島屋で1階から2階に行くときですらエレベーターに乗るのに、5階なんて無理よ。
ピンヒールが折れちゃう。

だめ、ありえない。


さらに次のマンションは、
現地に着いて、ちょっと線路が近いかしらって思ってたんだけど、

実際に部屋から窓を開けてびっくり。

どの窓も線路に面しているのよ。
しかも線路に激★近。

”わぁー、いいお天気!!”
とかいって手を差し伸べたら、
電車に接触して手がもげてしまいそうなくらい。

おまけに、
床にはカジュアルにごきぶりの死骸が転がってるし。
これまたarienai★


他にもいくつか見たけど、

”ガスレンジとうしろの壁との隙間が50センチしかない物件”や、

”隣の部屋の看板が、どうしても闇金融の事務所にしか見えない物件”とか、

値段が安くてお買い得!!どころか、
安いものにはわけがある!!っていうことを再認識させられたわよ。


ま、どっちみちすべて対象外だったからいいけど、
1000万クラスの物件なんて、さらに先が思いやられる感じだわ。

最終的には、賃貸で引っ越すことになりそうな予感が強くなってきたわね。


で、そんなことは割とどおでもよくって、
今回のメインディッシュはわたる君。

ワタシったら、
車の中で質問攻めにしちゃった。あはっ★


年齢は27歳で、上井草に両親と住んでるらしい。
不動産屋の営業の前は、ゼネコンの工事現場監督をやってたらしい。
ホンダのフィットに乗ってて、休みの日にドライブに行くのが趣味らしい。
彼女はいないらしい。

もうさぁ、営業トークなんだろうけど、

「24時間いつでも電話してください!」とか

「今度よかったらドライブに行きましょうよ!」とか

あなた、それずるいわ。

寂しい独身OLの心をわしづかみにしちゃって!!
このハァト泥棒!!

わたる君が一緒に住んでくれるなら、今すぐマンション買うわよ!!
お金なんてどおでもいいの!体売ってでも稼いでやるわ!

・・・って、
ホストにはまる、寂しくて安っぽい風俗嬢みたいね。
いやん★

でも、
マジでそんなことを思ってしまった金曜の午後でした。

★人気blogランキング!!クリックして応援してネ★
広告を非表示にする