読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ワタシってオキャマだったの!?

40代になったオキャマのイマ!を届けるブログ

スタア☆ボウリング


先日、
会社の人たちとボーリングに行ってきました。

事件は、ミラノボウル@歌舞伎町で起きました。

男4人、プラスリアル女子3人で行ったんだけど、

やはり問題を起こしたのはヲンナ。

彼女のあだ名は、「もっこ」。


ワタシの隣の席だったバレエ好きな生娘に対して、
「バレエが好きなのはモコッリが好きだからなんでしょ?」
と言い放ったことが由来。

ワタシっていつもかわいくしてるから
だいたい20代前半に見られがちなんだけど、
もっこだけは、
「なんか若作りしてる感じぃ」と、
30過ぎて化粧濃いババァのくせに、自分を棚上げトーク!

ワタシと同時期の研修で入社した新人のくせに、
たいした女だと思っていたけど、
ボーリング場でも、その攻撃的で破壊的なトーク&アクションは健在でした。

今回のボーリングは
仕事が終わった人からミラノボウルに集合したんだけど、
一人、対応が長引いて残業してた子がいたのね。

もちろんその子が来るまで待っていようと思っていたんだけど、
もっこったら、
「時間がもったいなから始めましょう!!」とか言って、
すでに受付を済ませている様子。

ワタシなんて、
ボーリング場にありがちな「セブンティーンアイス」をかわいくかじっていたのに、
仕方なく貸し靴を済ませる羽目に。

久しぶりに目にする貸し靴の、紫とピンクのナンセンスな彩色に唖然としつつも
もっこに急かされボーリングレーンへ・・・。

もっこってよっぽどボーリング好きなのね、うまいのかしら?
とか思いつつも、
おなかがすいたからお菓子とビールを購入して、

準備完了。

で、
1人欠けたまま1ゲーム目スタート。

私の場合は、スコアなんかより投球スタイルにのみ気を配っていたせいか
出足から不調。

だってオシリのラインとか気になるじゃない。
姿勢もシャンとしないと美しくないし。

人目を気にすることで美しさを保てるって言うしね。

結果、
5フレームが終わったところで、「35」。

いやだ、このままいったらスコアが「100」いかないじゃない。
とここで、他人のスコアを確認するわたし。

・・・「12」。

誰よ、この恐ろしく低いスコアは。
ハハァ、笑っちゃうわ、とか思って名前を確認すると、

なんと「もっこ」。

日ごろの仕返しとばかりに、
その低すぎるスコアを指摘するワタシ。

すると、

他のみんなも同じ気持ちだったのか、いっせいにもっこに視線集中。

しかし、もっこも、
「ワタシは負けないわ!1ゲーム目は練習なのよ!!」

と、アニータ以上の負けん気の強さ。

やだぁ、面白くなってきたじゃないの。

じゃぁ、こうしましょうってことで、
一番スコアの低かった人が全員にハーゲンダッツをおごることに。

ハーゲンダッツっていってもアレよ、250円のカップとかじゃなくて、
ショップでのイートインをおごるのよ。

勝負は2ゲーム目ということで話がついて、
ちょうど残業してた子も揃って2ゲーム目がスタート。

ハーゲンダッツがかかってることもあり、
もはや投球スタイルなんてどうでも良くなったワタシ。

だって全員におごるとなると、少なく見積もって3000円はかかるじゃない。

もし、アイスをトリプルにしてトッピングをふんだんに頼んだりされたらたまったもんじゃないわ。

わたしだったら、
メニューに無いけど、アイス全種類幕ノ内カップとか頼んじゃうかも知れないし。

深キョンも最近アイスにはまってるらしいしね。
関係ないけど。


そんなこんなで、
結構みんな真剣(ホンキ)。

もっこなんて、途中、
どこから持ってきたのか、チオビタドリンクを飲んで元気いっぱいになってるし、

目が離せないわ、このヲンナ。

結局、投球スタイルをかえりみなくなったワタシがスコア「160」で1位。

わたしってただかわいいだけじゃなかったんだと思い、一安心。

あとはみんな「120」~「150」で結構な接戦。

ただ一人を除いてはね。

 

そう、

もっこだけが100以下。「87」。

最下位。

 
もっこったら
最終フレームでも、
「ここで3連続ストライク出せば逆転よ!!」
とか息巻いてたけど、
結局・・・。

 
でも、わたし、
そんなもっこがちょっとだけ好きになりました。
あは★

★人気blogランキング!!応援してくれてもよくってよ!!★