読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ワタシってオキャマだったの!?

40代になったオキャマのイマ!を届けるブログ

ミッドナイト☆タクシー

★ランキング、みなさん!ワンクリックで”ワタキャマ”を応援して!!★


眠い。すごウく眠い。

さっき、本日5回目のハミガキをしてきたほど、眠い。

歯を磨くと少し気分がシャキッとするんだけど、
しばらくすると猛烈な睡魔が・・・。

というわけで、日記を書いて気分転換しています。


タクシー。

どうしてこんなに眠いのかといえば、
それは土曜日曜と飲みに出て帰りが遅かったからで、

昨日なんて、タクシーで帰宅。


そう、タクシー。

昨日は終電がなくなるまで友達とカラオケして、
方向が一緒だからと、新宿2丁目からタクシーに乗って帰ったのね。

で、友達は途中で降りて、自分はそのまま自宅方面へ。


結構ホンキで酔っ払っていたんだけど、意識はちゃんとあって、
携帯をいじくったり、窓の外をぼんやりと眺めてみたり。


しばらくして、たまたまバックミラーを見たんだけど、
ふと、運転手さんと目が合っちゃったのね。


ほら、見つめ合う視線のレーザービームで事故でも起こされたら困るし、
すぐに目をそらしたんだけど、

それをきっかけにしてなのか、
運転手さんてば、突然話しかけてくるわけよ。


「お客さん、学生さん??」
いきなり、そう尋ねてくる運転手。

「ええ、まぁ、そんな感じです。」

と、あまり話したい気分でもなかったので、
話を終わらせようとして、あえてテキトーな感じで同意。

(別に年令詐称しようとかそういうんじゃないのよ。笑)


でも、運転手さんは、話をやめる気配はなく、
矢継ぎ早に質問をしてくるのね。


「よく飲みに出てるの?」とか

「どんな感じの人がタイプ??」とか

さらには、
「○○の方に住んでるんだね。終電逃すと大変でしょう。」とか

余計なお世話。


新宿2丁目でタクシーを拾い、
友達が途中で降りるまでゲイトークを繰り広げていたから、

完全に、オキャマだってバレてるんだよね。汗


その運転手さん、声は若いんだけど、
見た感じ40代前半のオジサマ。

特にロマンスの相手ではないけど、
酔ってて少しさみしくなってきたのもあって、無視せず普通に受け答えしちゃいました。


そんなこんなで、そろそろ家に近づいてきたんだけど、

ゲイだってバレていろいろ質問された人に、
自宅の前まで送ってもらうのって、なんだか怖いじゃん?

きっと、酔ってて自意識過剰になってたんだと思うけど。笑


それで、
青梅街道の、いつも曲がるところの手前を入ってもらったのね。

そしたらなんと、
一つ手前の駅に着いちゃったわけよ。


ま、歩いて帰れない距離じゃないし、
さすがにこの辺の地理には詳しいので、

ココでいいやってことで、タクシーを降りることに。


タクシーのメーターは、4000円近くを表示していたんだけど、

「学生さんだから半額でいいよ。学割、学割。」
って運転手さんが言ってくれて、

あ、そういえば、そういう設定だったよねってことで、

お言葉に甘えて、2000円支払って帰りました。

ラッキー★


普段からキャップを斜めにかぶったり、
ジーンズを腰ではいたり、

若作りしてた甲斐があったかも!!


美少女ってお得。

きゃは★