読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ワタシってオキャマだったの!?

40代になったオキャマのイマ!を届けるブログ

いい旅オキャマ気分 in 石垣島 その2

 
で、なんとか飛行機には間に合ったんだけど、

ビールの酔いも手伝って、
シートに座ったとたん、ワタシとH子は睡眠モードに。

 

てか、気がついたらものすごい衝撃+轟音で、強制覚醒☆

 

なんでも石垣島って滑走路が短いらしく
すごい急ブレーキで飛行機の動きを止めるんですって。

 

胴体着陸したのかと思っちゃった。

 

そして、なんとか一命をとりとめたワタシたちは
空港を出てタクシーに乗り、予約していたホテルへ。

 

石垣島のタクシーって、初乗り390円なのね。

最近値上げしてその価格らしいけど、それでも安すぎ。


東京でタクシーに乗る時って、
2丁目から深夜割増しで帰る時ぐらいだから
その価格差にビックリだったわ。

 

フロントの時計を見ると、もう18時を回っていたので、
さくっとチェックインをしてシャワーを浴び、
目的の1つである、石垣牛のステーキを食べに行こうと思っていたの。


フロントに着くと、スタッフが誰もいなかったので、
デスクにあった呼び鈴めいたものを押すことに。

 

これ、何も音がしないけど大丈夫かしら?

 

沖縄って全般的にのんびりしてるっていうから、

きっとボタンを押して5分後とかに音が鳴るんだわ!!

 

3回ぐらい押してみたけど何も反応がないので、
デスクの上のパンフレットとか見ていると、
”星の砂”と”黒糖飴”が置いてある箱があったのね。

 

特に値段とか書いてないし、ご自由にどうぞ系だよね?
ってことで、H子とワタシとで、大量にいただくことに。

 

ほら、疲れた体に糖分は必須じゃない?

 

決して、”これをおみやげにしちゃおう”とか
そういうお里が知れる発想ではないのよ!!

 

とかやってるうちに、スタッフがやってきたの。

 

んで、予約した名前を告げると、
予想だにしなかったスタッフの発言が!!!

 

「本日はここにお泊りいただくことはできません」
とか言うじゃないのよ。

 

え?これはどういうことですか。
さっき大量に飴をかっさらったから??

 

ごめんなさい、返します。全部お返ししますから
一晩でもココに泊めてください。

 

と思っていると、

 

「先日の台風でお部屋を改修中でして、申し訳ありませんが
系列のウィークリーマンションへお泊まりいただけますか?」
とのこと。

 

えーー!!!ウィークリーマンション。。

でも、しょうがないよね。台風とか言われたら、
素直に従うしかないじゃんね。

 

ワタシ、クレームとか言ったことないし☆

 

せっかく繁華街に近い場所を選んだのに、
そこから徒歩10分ほどのマンションへ移動することに。

 

いちお朝食券とかサービスでもらえたし、
黒糖飴ももらったし(勝手にだけど☆)良しとしますか。

 


で、マンションへ移動したんだけど、
なんか、普通にマンションの部屋なのね。

 

ベッドはツインでしっかりしてるけど、
キッチンが充実してるのがかえって生活感出てるし、
せっかくのリゾート気分が。。

 

夕飯どうする?西友でお買い物して何かつくる?

とか言ってしまいそう。。

 

ま、でもくよくよしてもしょうがないので、

とりあえず、シャワーを浴びて気を取り直したところで、

 

いざ石垣島の繁華街へ!!

 


つづく