読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ワタシってオキャマだったの!?

40代になったオキャマのイマ!を届けるブログ

いい旅オキャマ気分 in 石垣島 その7 (最終回)


おはラッキー☆

 

長かったこのシリーズも今回で最終回。にします。


だって、なんか飽きちゃった。

みんなもそうでしょ?あは☆

 

ということで、続きでーす◎

 

正直、すでにおなかイッパイだったし、

朝からシャカリキコロンブスばりに動いてたワタシは
今すぐふかふかしたベッドで眠りにつきたかったけど

 

お酒って怖いですね☆

 

酔った勢いでみず知らずのノンケと飲むハメに。


てか、そのノンケ君、H子の中学高校の同級生らしく、
しかも、H子がゲイだってことは知らないらしいのね。

 

えー?H子さんアナタ、そんなばりばりオネエ口調なのに
ノンケって設定で通すわけ??

と思いながらも、そのノンケ君と合流すると、


H子ってば「おーっす!」とか聞きなれない言語を発してるし。
大丈夫?無理してなぁい?

 

しょうがないからワタシも、
いつもどおりノンケっぽく振る舞うことに。

 

で、ノンケ男子お勧めの、地元の居酒屋に入り、
泡盛のボトルをオーダー。

ワタシったらついつい職業病で、
グラスと氷が出てくると、お酒を作ってしまうのよね。

 

すかさずノンケ男子に
「あー、なんか慣れてますねー」とか言われ、

「そうなの、キャバクラで働いてるからね」
なんて答えたら、H子に足を蹴られたわ。

 

もう、冗談に決まってるじゃない。

 

とりあえず、銀座のショットバーで働いてたことにして、
適当に2人の話に合わせていたんだけど、

このノンケ男子、なかなかいいキャラしてるのよね。

 

そもそもこの子、石垣島には
ダイビングの仕事がしたくて移住してきたらしいんだけど
なんでも、8年くらい付き合ってる彼女がいて、
その子は千葉の方に住んでてなかなか会えないから、
現地(石垣島)でほかにも何人かと付き合ってるんだって。

 

すごくない?他にも何人かだって!!

 

外見は、エアギターで優勝したお笑い芸人に似た感じで、

ちょっぴりぽっちゃりさん。

とてもおモテになる外見ではないようだけど、

 

それって惚れる呪文とかそういう系かしら。。

 

そして、今から来るのはその現地妻の一人で、

この居酒屋でナンパして知り合ったんだってー。

 

彼女の名前は、さやかちゃん。

 

さやかちゃんかー、どんな娘さんなのかしら??
と期待に胸を膨らませていたんだけど、

 

あれ?なんか照明が暗くなった??
と思ったら、力士体型の大柄女子が立ちふさがってるじゃん。

 

まさか、この子が!??

 

はい、オッパッピー。
彼女がさやかちゃんでしたー。

 

もうさ、いちお4人座れるテーブルなんだけど、
彼女、さやかちゃんが存在することによって、
なんだかママゴトのテーブルみたいにちっちゃく見えるの。

 

でも、そんな体系とは裏腹に、いたって甲斐甲斐しい子で、
空いたグラスがあったら、すかさずお酒を作ってくれたりして。

 

さやかちゃん、できる子じゃない。
ワタシなんかよりよっぽどゲイバーの店子向きよ!!


んで、4人で飲んで食べていたんだけど、
さやかちゃんってば、お腹空いたーとか言う割には、
ぜんっぜん食べないのね。

 

ワタシが「えー食べないの?食べるの好きそうなのに」
と、うっかり失言めいた感じで食事を勧めても、

「私ほとんど食べないんですぅ」と、さやかちゃん。

 

嘘つけ。じゃあなんでそんなに太ってんだよ!!
と、心の中だけで叫んでみたり。

 

どうせアレでしょ、男の前だから遠慮してるんでしょ。


てか、このノンケ男子がどうしてそんな冴えない外見で
女の子を何人もはべらせてるか理由がわかったわ。

ようするに誰専(誰でもイケル)ってことなんでしょ。
基準がいたって緩いんだわ。


でまぁ、みんなでワイワイお酒を飲んで
どうでもいいことを真剣に話していたんだけど、

そのうち、さやかちゃんが、ワタシを指さして、
ダパンプの人に似てますねー」とか言い出したのね。

 

てゆうか、ワタシ、いきなり太い指が目の前に出てきて
目つぶしでもされるのかと思ってドキドキしちゃった。

 

ダパンプかー。
どうせならリア・ディゾンとか言われたいわ。
なんて厚かましいことを思っていたら、

 

「ところで、おいくつなんですか?」
さやかちゃんに質問されるワタシ。

 

すかさず、「23でーす◎」と答えてみたものの、
H子の視線が突き刺さって怖い。


いいじゃん、酔ってるんだし、酒場の会話だよ!!

でも、やっぱり本当の年齢を言おうとした、そのとき、

 

「あーでも、勝俣にも似てるよね」と、
ノンケ男子が、ワタシに向かってそう言うのね。

 

勝俣ってアナタ、がぜん微妙だわ。
てか、このままではワタシのプライドが許さないので、

 

「○○君はCHACHAでいうと松原桃太郎じゃない?」
と、軽く反撃に出てみると、

「えー、てかほんとに23?CHACHAなんて普通知らないでしょ」
と、逆に年齢詐称を疑われてしまったワタシ。

 

「ごめんなさい。ほんとうは32才なんです。
1の位と10の位を間違えちゃった(てへ☆)
てゆうかてゆうか、一番似てるって言われる芸能人は、
竹本孝之”っていう昔のB級アイドルだよ。
みんな知らないでしょ!?」

 

と、ここまで捲し立てたところで、一同ポカーン顔。

 

しょうがないから、竹本孝之の代表曲

「てれてZin Zin」のサビを歌ってあげたところで、

 

さやかちゃんてば、「私は誰に似てます?」と、
小学生に微分積分の問題を出すような、すっごく難しい質問をするのね。

 

正直に答えるなら、時津風親方ってところだけど、
そんなことを言ってビール瓶で殴られたらたまらないし、

 

ワタシ、「磯山さやかに似てるー」って答えたの。
もちろん似てるのは、名前が、って意味だけど。

 

そしたらさやかちゃん、すごい喜んじゃって、
「そんなこと初めて言われたー」って、

 

そりゃそうでしょうよ。

 

ま、本人喜んでるし、楽しく飲めればそれが一番だよね?

 

ということで、居酒屋も閉店の時間になったので、
ここで解散ーー。

 

すっごく一日が長く感じられた日だったわ。

 

てか、帰り際、ノンケ男子から
磯山さやかだなんて、あまり騙しちゃダメですよ」
って言われたけど、

 

”オマエこそ何股もかけておいてよく言うよな”
って思ったのはワタシだけじゃないはず。

 

そんな2日目でしたーー。あは☆

 


んで、最終日の3日目なんだけど、

 

飲み過ぎたせいか、チェックアウトぎりぎりに部屋を出て、
ドライブしたり、おみやげを買ったり、のんびーりして過ごしましたー。まる。


やっぱ沖縄って楽しいわ!!

まだまだ泳げるらしいから、みなさんも行ってみては?

 

ホント、最後まで読んでくれてありがとネ。

 

チャオらっきー☆

 


きゃは☆