読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ワタシってオキャマだったの!?

40代になったオキャマのイマ!を届けるブログ

「彼氏持ちの男を手に入れる方法」 当事者インタビュー編 その1

みなさんこんにちは。
お盆休みの人も多いのかしら。


私は相変わらずアプリでの男探しに余念がありません。


でもホントこういう出会い的なのってタイミングが大事で、
そのときは盛り上がって会おう会おうってなっても、翌朝になってみると、とたんに面倒になったりして。FADE OUT(by kyon2)。


あれよね。手紙とかと一緒で、夜に気持ちが高ぶったまま書いたのを翌朝読み返すと、恥ずかしくなって出さずに捨てちゃう的な。


てゆーかゲイの出会い系アプリにはいろんな人がいて、昨日はこんな人がいました。

プロフィールに、最近の日付と共に"一生もんの彼氏が出来たのでアカウント消します"と書いてある人から「よかったら繋がりましょー」ってきたんだけど、


LINEとかですか?と返したら


「それ以外でも何でも\(//∇//)\」ときたので、


ワタシ、もう誰も信じない。



さて、本日の本題に入ります。


「彼氏持ちの男を手に入れる方法」の当事者インタビュー編。


まあ当事者といっても、その友達が好きな相手に直接切り込んだわけではもちろんなく、ワタシが過去に好きになった彼氏持ちの男たち(とりあえず2人くらい)にインタビューする企画です。


こうやって自分の過去の恋愛のことを書きすぎるとオカマ界のテイラースイフトとか呼ばれちゃいそうだけど(←呼ばれないない)、子孫を残さないゲイの私としては、何かみなさんに役立つものを残そうという思いだけで、一生懸命にこのブログを書き続けています。


ま、ただの暇つぶしだったりもするんだけどね☆


ということで、1人目のゲストはマーちゃん(仮名)。32歳。


この人と知り合ったのは2年前かな。出会い系のアプリで知り合ったんだけど、プロフィールのページには特に”カレシ持ち”の記述がなかったので、彼氏がいない前提で会いました。


てゆうか私、カレシ持ちって書いている人とは基本的に会いません。
そんなのと遊んでる時間は持ち合わせてないからね。


で、マーちゃんと何度か会ってるうちに「実は一緒に暮らしてる人がいるんだ・・・」って言われ、それって彼氏?って聞くと、「そういうことになるかな」って。


え?やだ困る。どういうこと??


一緒に暮らすくらい長い付き合いの彼氏。トキメキがなくなって浮気したくなり、その相手がたまたま私だったってパターンよね。


ってことで、意識してマー様への気持ちを冷ますようにしてきたんだけど、マーちゃんの方は引越しやら転職やらでいろいろと心境の変化があったのか、あるとき、「彼氏と別れることにした」って連絡がきたのね。


これって私も関係していることなのかな?って聞いたら、
「そうかもしれない」とマーちゃん。


えー!もう遅いっつーの。
もしこれであなたと付き合っても同じことになりそうでコワヒじゃん。


そんなわけであと一歩踏み出すことが出来なかった私は、その後マーちゃんと会わないでいたんだけど、先日久しぶりに連絡が来たので会ってきました。


A子のこともあって、どういう心境で長年連れ添った相手との別れを決意したのか興味があったし。


以下、会話形式でお届けします。


私:「ひさしぶりー。その後どお?」

マー:「元気にしてるよ。別れてから一人暮らしはじめたんだよ」

私:「え?そうなの?どの辺に住んでるの」


なんと、マーちゃんの引越し先はウチの近所でした。
とりあえず近況を語り合ってから、いよいよ本題に。


私:「あのさ、どうしてあの時彼氏と別れようと思ったの?なにかきっかけがあったの?」

マー:「そうだね。俺ずっとあの人に甘えてきてたんだけど、このままじゃいけないなって思って、独り立ちしなきゃって思って。もちろんタカシちゃんのことも影響してるよ」


私:「ご、ごめんなさい。」


マー:「大丈夫だよ。あの時期そばに居てくれたから別れを決意できたし感謝してるよ」


それならよかったけど、これでちょっと方向性が見えてきたわね。


ワタシ、他にも彼氏持ちだと知らずに恋愛に発展しそうになった人がいるけど、その人も結局別れたのよね。


思うんだけど、彼氏がいることを伏せて出会い系をしてる時点で別れる準備は出来てたんじゃないかと。あとはきっかけを待ってるだけだったのかもね。


私:「でもさ、マーちゃん他にも何人か浮気というか会ったりしてきたわけでしょ。その人たちと僕とでどこが違ったの?」


マー:「うーん。居心地の良さ?かな。セックスも大事だけどそれだけじゃ続かないし、俺末っ子だから寄りかかれる人じゃなきゃダメなんだよね」


私:「長男だからなのかな。自分は逆に甘えるのが苦手かも。頼られると嬉しいし。そういう意味で相性が良かったのかもね」


マー:「そうだよー。タカシちゃんは壁を作って逃げ出したけどね。はは」


笑ってるけど目がマジっぽい。
なにかワタシも言い返さなきゃ。

私:「ちょっと待て。それを言われるとツライけど、浮気するほうもどうかと思うぞ。お互い様ってことで」

マー:「でも付き合って3年は浮気とかまったくしなかったんだよ。」


私:「えーそうなんだ。すごいね。そもそも3年も付き合ったことないや」


マー:「タカシちゃんはもっと相手に心を開かないとダメだよ」


わ、なんかマー様からアドバイス頂いちゃった。でもその通り。
年々防御力だけ上がってくのよね。その代わり回復力が弱まってる気がする。。


私:「ところで、今は寄りかかれる人いなくて平気なの?ひとり暮らしなんでしょ?」


マー:「付き合ってる人いるから大丈夫だよ」


はやっ!!


なんだよ、もう次がいるんじゃん。


ワタシもZARDばりに心を開いて、はやく彼氏つくりたい!!

ということで、本日のまとめ。


・彼氏がいることを伏せて出会う子は別れる可能性大
・転職や引越しなど生活に変化があったときが狙い目
・生活に変化がなさそうなときは、変化するように仕向けるのも有効
・相手が別れても逃げ出さないこと


最後のは自分自身への戒めでしたね☆

当事者インタビューはもうひとり行う予定です。
お楽しみにー☆