ワタシってオキャマだったの!?

40代になったオキャマのイマ!を届けるブログ

瞳はダイアモンド


昨日はお休みだったので、
午前中にコンタクトレンズを買いに行ってきました。

もう8年くらい使い捨てコンタクトを使用してるんだけど、
あれって、最高で6ヶ月分しか買えないじゃない??

それに、毎回眼科の処方箋がないと買えないのが面倒で、
ほとんどネット通販で買っていたのね。


ところが!!

厚生省の取締りがなんたらかんたらで、
いつも利用していた通販業者が、使い捨てコンタクトの取り扱いをやめちゃったんです。

で、仕方なく、
混んでないであろう平日にコンタクトを買いに出かけて次第なわけ。


てゆうか、お店に着いてビックリ。

なんでこんなに人がいるの??っていうくらいの混雑っぷり。

確かに、電車の広告とかで大量に宣伝してる格安ショップだけど、
まさか平日にこんなに人がいるなんて。

せっかく早起きしたのにな~。


ま、でも、こんなこともあろうかと、
待ち時間は音楽を聴きながら、携帯でメール三昧してたから平気なんだけどネ。


で、いよいよ自分の順番がやってきて、
まずは、眼科の検診とか視力チェックがあるんだけど、

もうさぁ、担当のリアル女子がすごいのよ。

見た目からして、
”ワタシおっちょこちょいなんです。ペコリ。”めいた感じで、

なんだかとっても危なっかしい子なのね。


自分のこの1億円の瞳(by 田中美奈子)に、
万が一傷をつけられたらどうしようって思ったけど、

混んでるし、仕方ないよね。

いいよ。好きにして★


最初、
よくわからない顕微鏡めいた装置にあごを乗せるように言われ、
遠くの緑色の光を見つめて目の状態を調べるらしいんだけど、

「あ、もっ1回やります~。」

って、何度もやりなおしてるのよ。


てゆうか、「あ、」ってなによ。「あ、」って。


結局、左右あわせて10回以上やり直した挙句に、

「大丈夫みたいですね。次、行きましょう」
だって。


こっちとしても、コンタクトショップに併設された眼科なんて、
コンタクトを買うためのおまじないというか、”ちょっとした儀式”だと思ってるので、

別に、マジメに検診してもらおうとは思ってないけど、

今回はマジでビックリ。


続いて、
眼に風を吹き付けて眼圧を図る検査があったんだけど、

もうダメ。この子おもしろ過ぎ。


そもそも、風が眼に当たるってこと自体怖いじゃん。
そこへきて、このへっぽこ女子でしょ。

真剣(ホンキ)でビクビクしながら風が来るのを待ち構えていたのね。


で、
いざ風がくると目をつむってしまい。

これも何度もやり直し。


さすがに、自分も申し訳なくなってきて、
なんとかまばたきしないように我慢してたんだけど、

どうにもこうにもダメなわけで。

で、そのヘッポコ女子ってば

「じゃぁ、”はい”ってワタシが合図したら風を送り込みますので、
まばたきを我慢してくださいネ」
と、一つの試みを提案してくれたの。


で、
”はい”っていう掛け声を待ち構えていると、

突然!!

「ボフッ」っと風が!!


とっさに、思い切り目を閉じるワタシ。


え???
あなた今、ちゃんと”はい”って言った??

言わないで風を送ったでしょ??


志村けんのバカ殿様じゃないんだから、
そういうフェイントとかやめて欲しいんですけどー。


「きゃ、間違えて押しちゃいました。すいません★」
と、あわてふためくへっぽこちゃん。


もうさぁ、
怒るっていうよりこの状況がおかしくて仕方なくって、
ウチら2人して爆笑状態。


なんとか、眼圧検査もクリアしたんだけど、

その後の視力チェックも、

ヘッポコ:「赤と緑、どっちがはっきり見えますか?」

ワタシ:「どっちもどっちじゃない?」

ヘッポコ:「ですよねー。これは特にいいです。」
     「じゃあ、次。これ読めますかー??」

ワタシ:「”つ”か”て”だと思うんだけど…。」


ヘッポコ:「惜しい!! ”り”です。」
     「次、がんばりましょうねー。」

ぜんぜん惜しくないじゃん。笑

みたいな、ゆるめの進行で。


結局、
今までと同じ度数のレンズを出してもらうってことで検査は終了したんだけど、

コンタクトを買うのって、こんなに疲れるものだと思わなかった。

気がついたら2時間近く経過してたし。


でも、意外と楽しいね。検査って。
あはは。笑


★ランキング、みなさん!オキャマを応援して!!★
広告を非表示にする