ワタシってオキャマだったの!?

40代になったオキャマのイマ!を届けるブログ

隣人13号

 

今朝、出勤しようと玄関のカギを閉めていたら、
突然呼びかけられたの。


「あなたがお隣さん??」
って。



見ると、40代くらいのオバサンなんだけど、

いきなり、そんなこと言われても困るじゃん。



隣かどうかなんて、ワタシには何の判断材料もないんだから。




で、ちょっと黙っていたら、


「あなた、お名前は??」
って、次の質問をしてくるのね。



この人、何者なんだろうって思いつつ、
用心深いワタシは、まず、相手の名前を聞くことに。



そしたら、
「私は鈴木です。」とのこと。



鈴木??なんか偽名っぽい。

じゃあ、ワタシは田中とかでいいかしら??



ま、でも、

ほんとにお隣さんなら郵便物とかでバレるし、

表札を掲げていないワタシもワタシだし、


後で嘘だとわかって復讐されてもアレなんで、



「○○です。」
と本名をお伝えしておきました。




すると、このオバサン、

急に近寄ってきて、


「ねぇ、この建物、おかしくない??」
と、神妙な顔で話しかけてくるのね。



オカシイ??何が??

ほんとは急いで駅に行かないといけないんだけど、

そんなこと言われたら、気になるじゃん。



で、例えば何がおかしいのかを尋ねてみると、



「え?いろいろよ。イロイロ。」

と、特に具体例は言わないのね。



やだぁ、怖い。

なんか夜中に出たりするの??





実は、ワタシ、


ちょうど1ヶ月くらい前の夜、
見知らぬオバサンに、ドアをノックされたことがあるの。



外で、自動車の警報ブザーみたいのが、
ずーっと鳴りっぱなしだなーって思っていたんだけど、


しばらくしたら、玄関のチャイムが鳴って、
ドア越しにオバサンが話しかけてるの。


「電気が点いてるのに誰も居ないの!?」
って。

ちょっと興奮したニュアンスで。




いや、居るんだけどさー、相手したくないのよ。


面倒はゴメンだよ。
ワタシは警報音に関係ないしね。



こんなんだから、

都会の人間は冷たいとか、
無関心とか言われちゃうんだろうけど、



何か事件だったりしたら、危ないじゃん。


ただでさえ、”美人薄命っていう緊急事態”に常にさらされてるのに、



進んで危うい目にあうこともないし、ネ☆




で、今朝、

このオバサンを目の前にして、


あの時のオバサンだ!!って悟ったってワケ。




なるほど、
あの警報ブザーもオカシィ現象のひとつってワケね。



そういえば、ウチの前って一方通行だから、
車を停車できないし、


ブザーがなるってこと自体、不思議かも。



あのときは、

しばらくたってブザー音が止んだから気にしなかったけど、

他にも何かあるのかしら。




とか考えていると、


「じゃ、よろしく。」

と言い残し、自分の部屋の方に去って行くオバサン。




ワタシには、

朝の通勤時に駅の方から帰ってきて、

不思議な民族衣装のようなものを身にまとったこのオバサンが、



建物がどうこう言う前に、
一番オカシイと思うんだけど。


どうなの??



ワタシ、この隣人とうまくやっていけるのかしら。


ちょっと不安だわ。(^_^メ)




みなさんは、

隣人とのトラブルって何か経験したことある??

  

広告を非表示にする